竹浦の高台移転、コミュニティの再生


「都市のリアル」(吉原直樹・近森高明編、有斐閣発行)
“都市から語れば、現代社会論は異なるかたちへ開かれる”

この本の第9章に、立教大学社会学部の西山志保先生が、「新しい絆のゆくえ ソーシャル・キャピタルのいまを解く」とのテーマで、竹浦の高台移転、コミュニティの再生などへの考察を含めながら執筆しています。

西山志保先生は、震災以来、仲間の社会学の先生たちと何度も竹浦へ足を運び、ヒアリングを続けています。今では熱心な「竹浦サポーター」になっていただきました。

みなさん、機会がありましたらご覧ください。
鈴木 成夫

tosi_riaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。