被災地(女川)に行って感じたこと


[nggallery id=34]
3月27日、地震と津波から16日目にしてやっと被災地、「石巻・女川・雄勝」に行ってきた。そして、本日29日妻の両親を連れて帰って来た。私の母も連れて帰って来ようと思っていたが、病床に付く妹の病状を気遣い、まだ離れたくないと言うことだった。
被災地は、想像を絶する惨状で、言葉にいい尽くせない状態だった。町や村がそっくり無い状態だ。更に気になったのが、町を車で走っていると、車道と海の水面が、ほぼ一緒と言う感じだった。今回の地震でプレートがずれて沿岸が約80cm沈下したらしい。復興には構造物を単に再建するだけでは無く、桟橋や土地の造成が必要であり、莫大な費用と時間が必要になるだろうと思った。
私の家族はそれぞれ、兄弟や親戚の家に避難しているのでまだ々良い方である。しかし、避難所に避難している方のご苦労はその苦痛に耐がたい状況である。一日も一刻も早く国の救援が必要だ。被災して既に二週間ほど経ち、被災者の中には親や兄弟を亡くした方、未だにその安否が分からない方々も多いことでしょう。こういった被災者が肉体的にも精神的にも追い詰められ、二次災害を起こしかねない状況にあるのが今の被災地の現状だ。青い空と瓦礫の山があまりにも対照的で、何事も無かったかのような青い空がとても印象的だった。自然の力は恐ろしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。