本日の女川なう!


震災から五度目の帰省である。本日の女川湾です。(8月14日)
震災直後、女川の惨状を見たときあまりの変わり果てように涙も出なかった。
改めて女川のこの光景を見ると涙せずにいられない。合掌!

妻と二人それぞれの海に花を捧げてきた。陸地は津波にことごとく荒らされた。
しかし、海を見るとあまりにも美しく、何事も無かったかのように美しい。
だから海を恨む気にはなれない。
何故なら、海はまきっとまた女川に恵を齎せてくれると信じているから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。