女川町竹浦の祭り!

今日は竹浦 庭足五十鈴神社のお祭りでした。震災時お世話になったダイバーさん、
二次避難でお世話になった秋田県仙北市の方々、伝統の獅子振りをともに大切に思ってくださる方々、そして たげなの人。みんなでお神輿を担ぎ、太鼓をたたき、笛を吹き、獅子を舞って、手をたたく。とっても心あたたまる、にぎやかなお祭りになりました。おばあさん達の帰りのあいさつはなんと、「んで、また来年!!」
場所: 宮城県 女川 竹浦漁港  鈴木洋子
tagena1
tagena2 tagena3 tagena4 tagena5 tagena6

女川・竹浦の春!

今日は、区の役員さん達がお祭りに向けて、神社のお掃除をしていました。
4/29は竹浦庭足五十鈴神社のお祭りです。この日の天気だけは、1年で一番気になる日かもしれません。見せるお祭りではない、小さな小さな部落の、血がさわぐ感じのお祭りです。ぜひ、お越しください。    鈴木洋子

弁天島と梅(金毘羅さま)
弁天島と梅(金毘羅さま)
たげな大漁畑
たげな大漁畑
女川いのちの石碑
女川いのちの石碑
庭足五十鈴神社と桜
庭足五十鈴神社と桜

 

桜とチューリップ
桜とチューリップ

編集後記:東日本大震災から三年、厳しい冬も終わり… やっと花が咲き、女川・竹浦にも春が来た!潮を被り荒涼としていた土地は植物も育たなかったが、歳月と同時に浄化され草木も生育出来るようになった。自然の植物は人を和ませ豊かにしてくれる。山海の幸で祝う祭りも間近だ!

まりまどの女川日記(女川復幸祭編)

まりまどの女川滞在日記(女川復幸祭編)

@marimandona262
今日は上から(コバルトライン)と下から(大原の墓地)と女川の町をじっくり見たけれども復興は確かに進んでいる。進んでいるよ。(※御殿山からの女川湾)
gotennyama

いつもの場所で定点観測。午後は穏やかな女川湾でした。
kumanojinnjya
一瞬気が遠くなりましたが…無事完走。「逃げろー」って掛け声が一番効きますね。
hukkou_otoko
昨日の復幸男の参加賞に札を頂き、その後御本家、西宮神社の「福男法被こけし」も頂きました。感謝!
hukko_key
医療支援センター内の販売所できららさんの焼きたてパンをゲトして来た家族がなんか凄いパン見つけて来た。きららさんのパンアイデアは常に我々のアイデアを越えるね。
namako_pan

あさイチ(ピッカピカ)、南三陸の春告げ野菜特集。南さんりぐは広いから内陸に行くと野菜も取れるんだよねぇ。三陸の海の幸と春告げ野菜が乗った「春告げ丼」!なにこれ美味しそう。こういう特集良いな、良いな。

昨日のニュースで東京は春日和…桜の開花時期…と言う話題やってたけどここにいると信じられない。毎日毎日寒くてもう。春まだ通し…がっつり冬物コート持ってきていがったやー。まんず

今日のウォーキングコースは熊野でした。あと何回来れるかなぁと思いつつ(一度疲れて少し休みました…)久々に鷲神側に降りたらこんな石碑が!本籍の鷲神の起源を知りました。
sekihi_washinokami

まりまどの女川滞在日記(石巻・雄勝編)

まりまどの女川滞在日記(石巻・雄勝編)

@marimandona262
海なう。海が好きだ、好きだ、好きだ。(※御前湾南側から大須の白銀崎を望む)

shirogane
先日お昼に行った石巻駅前、寶来寿司さんの海鮮丼(金華丼)鰯鯨、たっぷり白子、穴子の稚魚、勿論ホタテ、甘海老、鮪etc..この辺の海鮮クオリティ高すぎ。いや、ほんとに内陸部であんな物やこんな物に20ユーロ、30ユーロ出してなんて…もう
kinnka_don
蕎麦好きとしては雄勝まで来たら「てらっぱだげ」に行かぬ訳には。いや、本当に美味しいです。元の場所の近くで営業されています。
terappdage
天ぷらそば。いや本当に相変わらず美味しいです。内装もこだわり感じます。
terappadage_tennsoba
五目そば。写真切れてて申し訳ない。
ogatu_gomokusoba
雄勝も例にもれず防潮堤計画が持ち上がっているそうです。まあ、まだ色々と調整中のようですが…。元の高さの防潮堤に座って湾を眺めて色々思いを巡らす…。
ogatu_wan
「お店っこ(たなっこ)商店街」の近くで営業されている三浦海産物さんでは皆でお話聞かせて貰ったうえにホタテのお刺身、ホタテのお刺身ですよ、を試食までさせて頂きました。あの、雄勝のホタテはその美味しさでこの辺の中でも有名です。
ogatu_hotate
雄勝来るのは恐らく一年半ぶりくらい…?店っこ(たなっこ)商店街の向かいに海の見えるcafé が出来ていました。コーヒー飲めるのうれしいよねぇ
ogatu_cafe

この方「けんちゃん」ですって!手の部分貝っぽい…と思ったけどホタテだったとは。細かい…

硯のけんちゃんです。頭が硯で手がホタテです。ウォーク参加していただいたのですね。ありがとうございます。兄が主催側でした。
ogatu_

 

雄勝のマンホール、かっこいい。。
ogatu_mannho-ru
一昨年女川の友人達とスペインのリアス海岸を見て歩いた時に入ったレストランでこのお皿が出てきて「雄勝スレートだ!」と盛り上がりました。
ogatu_sure-to

 

「あいのや」でしゅうり貝(ムール貝に似たやつ)売ってた。一パック100円だって!
shiuri

「忘れないで!311」女川獅子振りin東京

「忘れないで! 311」 女川獅子振りin東京
3/8-9、都内各地で一斉街頭募金をします。

東日本大震災から間もなく3年。消えることのない悲しみと、先のみえない避難生活の中で、おらが街の復興、そして未来のために懸命に努力を続けている人たちがいます。一方で、彼らの活動を支えるための資金的な支援は、縮小傾向にあるのが現状です。地元の復興を加速するためには、私たち皆で支えていく必要があります。

そこで日本財団はこの度、今も息の長い支援活動を継続されている支援団体の皆様に、活動資金を届けるための募金活動「忘れないで!311」を企画。

今週末、ボートレース業界の関係者や被災地からの応援団体の方々と協力し、都内6か所やレース場で街頭募金を行います。

当日は、日本財団が被災地の伝統芸能を支援するために設置した『まつり応援基金』の支援を受けて活動を再開された伝統芸能団体による壮大な太鼓演奏も行われます。

皆様にぜひ足をお運びいただきたく、ご案内申し上げます。
日本財団広報 一部引用

日時:2014年3月8日(土)、9日(日)12時~16時
募金場所:都内6か所
(新橋SL広場、有楽町駅周辺、品川駅周辺、新宿駅周辺、ボートレース平和島、戸越銀座商店街)

獅子振り演舞
戸越銀座商店街 :小乗実業団 (初日15時~、2日目14時~)
新橋SL広場 :鷲神熊野神社総代会 3/8-9 12:00-16:00の間 1日2公演
ボートレース平和島 :竹浦獅子振り保存会3/8-9 12:00-16:00の間 1日2公演

女川町「たげな新聞」3月春号 発刊!

「小さな浜の小さな歩み「宮城県牡鹿郡女川町竹浦(たけのうら 通称たげな)の2014年春。初日の出、たげなにも建てられた「いのちの石碑」高台移転、岸壁修復、そして海の生き物たち。天然ホヤも大きくなったちゃ~!ネウ(アイナメ)の卵もキラキラ~。たげな新聞2014年春号、みでみでけらい~!」
suzuki masako   3月号No1.pdf   3月号No2.pdf

tagena_14.03.1_1_01
tagena_14.03.1._2_01

海・四季の色 … 竹浦 “straight.photoworks”

post_1

postcard…

海。 四季の色。 竹浦。女川出身のphotographer 齋藤伸が、選りすぐりをpostcardにしました。 うん….. ぐずっ…(泣)

さらになんと!!このpostcardの売り上げの10%が、竹浦獅子振り保存会と
たげな新聞の運営資金にあてられます。

中学・高校の同級生とはいえ、とっても頼もしく、伸、何よりありがとう!!

竹浦ガールズも、postcardを袋に入れる作業をお手伝いさせてもらってます

たげな新聞を支えてくださっている皆さん、straight.photoworks 齋藤伸のpostcardをぜひ宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①海
②四季の色
③竹浦

各1000円 (5枚入り)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お申し込み方法
mail: straight.photoworks@gmail.com

年始も休まず、ご注文お待ちいたしておりまーす♪

straight.photoworks 代表 齋藤伸
竹浦獅子振り保存会 たげな新聞プロジェクト

あけましておめでとうございます 竹浦漁港より

あけましておめでとうございます 2014年1月1日 穏やかに…
こうして海を見れるのも、多くの人の支えがあったから…
竹浦漁港では、新船11隻に大漁旗。私の2014年は、感謝の心から始まりました。2014年も「たげな新聞」をとおして、みんなで、ちっちゃい集落の復興を支えていきましょう。本年も宜しくお願いいたします。2014年 元旦

宮城県 女川 竹浦漁港  文・写真:hiroko_suzuki

二股島・平島・江島・足島
二股島・平島・江島・足島
二股島・平島・江島・足島
二股島・平島・江島・足島
竹浦漁港の正月
竹浦漁港の正月

編集後紀:2014年も穏やかに迎えました。あの震災以来変わらず輝き続け、そして登り続けた朝日… 本日で3年2ヶ月9日目です。女川は勿論のこと東北は未だ復興途上です。それでも多くの支援により漁船が大漁旗を掲げて新春を祝い、共に慶び合う生活の基盤が整いつつあります。後は高台移転工事が完了し、一日も早く不自由な仮設住宅から出て、新居を構えたいと願っている。そんな普通の生活が取り戻せるよう、今年も伝統の獅子舞や太鼓と笛の音が響き渡る竹浦の正月です。
※手前に袖畑とアゴ島、沖合に手前から二股島・平島・江島・足島