金華楼の「うにラーメン」

女川の金華楼では以前からシンプルな醤油ラーメンがとても人気でした。鳥ガラのスープとチャーシューがとても懐かしく、古くは「酒井書房」の通りにあった頃の金華楼のスープの味と匂いを思い出します。その後はご子息の代となって海岸通りに移転しお店も拡大した。料理もバラエティーに富み、同時にラーメンの種類も増えた。東日本大震災以降はコバルトライン入り口付近の旭ヶ丘に移転し、営業を再開している。最近はNHKの朝ドラ「あまちゃん」の影響でウニが益々人気を高めているようで、金華楼でも昔ながらの醤油ラーメンにウニをのせた「うにラーメン」が人気のようです。

1897
1898
1900
1903


より大きな地図で 女川町店舗マップ を表示

おちゃっこクラブの「ほや塩ソフトクリーム」

ここは女川湾を一望でき、東日本大震災慰霊碑がある「希望の丘公園」です。一角には「おちゃっこクラブ」と言う震災後に出来た喫茶店があり、女川を訪れる殆どの方々が立ち寄る場所です。写真はその店主が開発した「ほや塩ソフトクリーム」です。ほやのエキスをソフトクリームに混ぜ合わせていると思ったら、エキスを乾燥させて降りかけたものらしい。ソフトクリームの甘みとほやエキスの塩分が絶妙にマッチしてとても人気のようです!
※製造のポイントは海から揚げたばかりの新鮮なホヤのエキスを乾燥させないと良い味にならないそうです。以前は乾燥させたほやの皮にホヤ飯を蒸かして詰め込み、シソなどを降り掛けて「ほやバクダン」と言う商品として販売していたようで、また復活させたいそうです。店主より
1958
1943ほやの皮を完全に乾燥させて作った”ornament”です。

1945

英人とユキチ「野口商会」

東日本大震災で代々築いてきた「野口商会」、女川の自転車・バイク・船外機等の販売店です。震災当日は出張で居なかったが、弟達に飼い犬の”ユキチ”だけを連れて逃げろ!と支持し、二人の弟と”ユキチ”が助かった。以前は女川マリンパルの近くで営業していたが、家もお店も流されてしまい途方に暮れていたところ、叔父の鉄工場を間借りして何とか再開しできた。全国からのご支援と唯一の相棒の”ユキチ”とあの大震災を乗り切ってきた。嵩上げが完了すれば新しい女川駅が完成するのでその近くに新店舗を構えるという希望もあるが、復興事業が遅れている現在、少しでも収入を得て再建費用に当てたいと、来年には現在の店舗(鉄工場)を町の支援を受けて改装する予定だということです。
所在地:宮城県牡鹿郡女川町浦宿字原46 電話:090-8255-6874
野口英人Facebook

1909

1912


より大きな地図で 女川町店舗マップ を表示

復活!「女川獅子振り披露会」開催

東日本大震災から2年5ヶ月目の月命日である8月11日、日本財団を始めとする全国の皆様からのご支援を受けた「感謝」と、震災で尊い命を亡くされた方々への「鎮魂」を込めた女川の伝統的な「獅子振り」が復活しました。当日は記録的な炎天下の中、熱い熱い獅子舞が各地区特有の笛や太鼓のリズムで大勢の町民が参加し賑わった。

編集後記:全体的にどの地区の獅子振りもここぞと力強い演舞でした。最初に舞った「てらま獅子振り伝承保存会」の獅子舞は大漁旗を寄せ集めて作った衣装を着飾り、風を切るように舞うお囃子はとても印象的で、実に感動的でした。これぞ浜の「獅子振り」のお手本だと思った。また、震災以降結成された「女川港まむし太鼓連」は全国に遠征し女川の獅子振りを伝承すると共に、子供たちにも伝統芸能をしっかり伝承されている様子が特徴的で、今後の獅子振りのリーダー的存在だと思った。竹浦では「たげな新聞」等を発行し、獅子舞の定期的な練習を重ね、地区のコミニュティーを図っている。また「たげなガールズ」と言う竹浦の女性達で結成される美女グループの篠笛が獅子振り披露会に華を添えた。獅子降り披露会直前に豪雨が襲った秋田県仙北市への激励の横断幕が印象的だった。

まりまどの女川滞在日記(女川スペインタイル)

「女川みなとまちセラミカ」さんの新しいタイルのスタイル、スペインのセラミック市でお土産に買ったこのタイルの様式と同じ。
情報提供まりまど@marimandona262
taile
そして「女川みなとまちセラミカ」さんのタイルのデザインがどんどん豊富になっている!今までの凹凸のあるクアルダセカ様のタイルだけでなく水彩画タイプ、細い線で描かれた全く印象の違うデザインも作られているのです。
taile1
懐かしのゆぽっぽモチーフのタイルも発見!
taile2
希望の鐘商店街の「みなと街セラミカ」さんを訪問したら先日行われた Baila ONAGAWA の記念プレートを発見。赤と白がありますがやっぱり赤が断然素敵!
taile3

 

まりまどの女川滞在日記(万石浦の情景)

夏空の下またもや針の浜をウロウロしている途中に「ドボン」と誰かが海に落ちる音が!!すわっ、と思い海を見下ろしたら少年達が大笑いしながら海で泳いでいました。いよいよ三陸も夏ですねぇ。
情報提供まりまど@marimandona262
manngokuura1
今日は石巻市との境、猪落まで歩いて来ました。とっても長閑な風景。サッパ船で万石浦湾の島々を巡ったら綺麗だろうなぁ。
manngokuura
そして裏猪落(いのどし)遺跡と言うのを発見。縄文土器が見つかったようです。
inodosiiseki

夏らしい夕日の万石浦湾、私にとってひぐらしの音はヨーロッパにいると懐かしくて懐かしくてしょうがなくなる音。
manngoku_1
15分くらいに反対側の岸からみた万石浦湾。暑いといっても日が落ちると涼しくなるんだからここはまだマシ…
manngoku
この時期の最重要行事と言えばお墓掃除。梅雨があけて道が良くなったら…涼しい午前中に用事がない時…とごちゃごちゃ機会を伺っているうちに「もう済ませておきました」の報が…orz思い立ったらすぐやる、がお墓掃除の鉄則ですな。

まりまどの女川滞在日記(梅雨明け前日)

2013年夏・東北の梅雨は長かった。記録では例年より10日前後遅い梅雨明けらしい。東北にとって今年の夏は短い夏になりそうです。
情報提供まりまど@marimandona262
tuyuake
ほぼ何もない土地でも道路が一本出来ただけで一気に「街」らしく感じるのはなんでだろう?
ippanndou嵩上げ準備が整っているようです。

manngokuuraひぐらしの音に囲まれてます。万石浦…

まりまどの女川滞在日記(針浜石碑)

あら!3時過ぎに行きました!!夕方は針の浜を歩いていつも前を通っていた石碑が女川で最も古いと言う事を知り感心して帰って来ました。
情報提供まりまど@marimandona262
harihama_iseki
昨日、針の浜付近を散策中に以前から(由緒ある石碑だろうか…)と思っていた石碑の説明を読んだら建治2年、700年以上も前!予想以上に古いものだった。
kenti
建治2年(1276年)に供養の為に建てられた石碑は町内で最も古い碑らしい。
sekihi

ニューこのりのシーフードスープカレーセット

「ニューこのり」さんのシーフードスープカレーセット。彩りが美しい(^^)/さんまではなくマグロバーグが入ってます。ワタリガニのダシが効いています。
情報提供marimandona262's avatarまりまど@marimandona262
shi-hu-do
女川の各飲食店が女川カレーを使ったオリジナルの料理を用意しておもてなしする「復興カレー」企画。シーパルちゃんがインド風ななったのも伊達ではないんですっ
curry_map