本日の女川なう!

震災から五度目の帰省である。本日の女川湾です。(8月14日)
震災直後、女川の惨状を見たときあまりの変わり果てように涙も出なかった。
改めて女川のこの光景を見ると涙せずにいられない。合掌!

妻と二人それぞれの海に花を捧げてきた。陸地は津波にことごとく荒らされた。
しかし、海を見るとあまりにも美しく、何事も無かったかのように美しい。
だから海を恨む気にはなれない。
何故なら、海はまきっとまた女川に恵を齎せてくれると信じているから。

 

被災地支援豪華北海道ツアー

仙台港フェリー乗り場なう。長女と嫁が北海道新聞さん主催の被災地支援豪華北海道ツアーに旅立ちます。すごい人数。太っ腹ですな。これから週末まで仮設で独身生活です。寂しくなんかねーよ。ずっと全裸で暮らそうw   ※出発は8月2日でした。
子供達だけで総勢200人以上。色んな被災地の子供達が参加しているそうです。ついでに付き添いの親も。子供よりキラキラした顔してました(つд⊂)
記事・写真:aokiya-saaaangoro560

私の日記 DAIMONJIMATAKO

昨日は女川の同級生のお母さんが東京で避難生活をしているので会いにいった。新宿で都営新宿の乗り換える時、伊勢丹の前を通ったのでお土産に高政の蒲鉾を 買いました。以前、池袋で購入した志津川わかめとセットでお渡ししたらお喜び。80年近く住んだ女川。思いがけない東京暮らしに慣れようと懸命。
”うみねこタイムズ”もお渡ししました。編集長のエンピロさんのお母様の事もご存知でした。大正時代は駅辺りまで海だったそう。私のツィートとより、お若い方々へおば様のお話をツイートしたい位。おば様は六年かけて女川の古文書の解読もされました。楽しげに当時を語るおば様は輝いていた。前向きな姿に感動! @DAIMONJIMATAKO

宮城県女川町 [S-1673]女川第二小学校

女川第二小学校【緊急募集】 支援している避難所 | ふんばろう東本支援プロジェクト 女川町を愛してやまないサポーターの皆さま!女川町の小学生全員にプール用のサンダルの支援依頼!HPをご覧の上ご協力を!
校舎からプールの往復のために外で履くサンダルが必要です。夏休みを控えているので早めの支援をお願いします。また、夏休みに入ってもプールに入りに来る児童全員に必ず配布しますので、ご協力をお願いします。
女川第二小学校だけではなく、女川町全部の小学校を合わせた分の希望数です。
ヤマト、郵便どちらも可です。

兄の船(宝船)

あの震災以降、兄から吉報が届いた。「三艘ある船の内、主力の船が「出島」まで流され、無事見つかった!」と言うことだった。 今回の津波で大方の漁民の船は波にのまれ、岩や岸壁に叩き付けられ大破した。そんな中、兄の船はほぼ無傷で見つかった。 奇跡だ!!津波に船がさらわれる様を目撃した方によると、太いアンカーロープ、3~4本で繋がれているそのロープを”ブツン”、”ブツン”と大きな音を発てて切れていくのだそうだ。ロープの太さを見ている私には信じられない思いだ。
そして、運良く沖に流された船は、波が引くと同時に陸地に置き去りにさ、助かるのだそうだ。問題は置き去りにされた船を海に戻すには大型のサルベージ船が必要だった。このサルベージ船の予約に長い時間を要し本日至った。兄にとってこの船は揺り篭であり、正に「宝船」だ!、喜びも一入であったであろう。

 

震災から二ヶ月後の女川

[nggallery id=35]
GW(ゴールデンウィーク)、女川へ帰省した。震災から二度目の被災地入りである。
その後、道路も大分整理されていたように思う。多少雨なども降ったせ いか、埃や臭いもかなり減ったように思うがまだまだ悲惨な状態だ。前回来た時も思ったことだが、町と言うのは建築物が無いと方向感覚が無くなる。そして、 町のスペースがとても小さく思える。不思議だ・・・女川町立病院より女川を一望、鉄筋コンクリートの共済会館です。
無残にもなぎ倒されている。倒れる方向は海側に倒れている。如何に引き波が強いかを証明している。唯一残った「マリンパル女川」では多数の方が助かったようです。湾の奥には故郷に帰ると必ず立ち寄る「崎山展望公園」が見えます。この写真でも分かるように水面が陸地とほぼ一緒です。約80cm程沈下したようです。我が学び舎「女川第一中学校」、今は避難所となっていた。

環水平アークと桜

五月三日、被災した実家の庭付近からとても珍しい現象が見えた。女川上空に「環水平アーク」と言う現象が起きていた。まるで被災地の復興を願っているようだ!この震災を見ることなく逝った父よ!見ていてくれ!兄貴たちはへこたれてはいない。「復旧・復興」に向けて益々血気盛んだ!必ず復興する!

目の前の桜は叔母さんが植えた桜です。帰省すると自慢げに話していました。その叔母さんはこの近くで津波の犠牲になりました。桜は見事に咲いたそうです。