故郷・女川町指ヶ浜の祭り

 [nggallery id=51]
あの大震災から一年三ヶ月が経過し、やっと銀鮭の水揚げが出来るようになった。全国の皆さんの御支援により震災のおよそ三ヶ月後から養殖設備等の準備が出来たからである。改めて全国の皆様に御礼申し上げます。
明日は故郷、女川町指ヶ浜八雲神社のお祭りだ。海の恵みを享受し神輿を繰り出して盛大に祝いたいところだが、何分にも小さな浜であり、また震災の影響で担ぎ手も少なくなり、神輿を山の神社から下ろすにも人出が足りない、流された幟を新調し鳥居に掲げお赤飯を炊いてささやかにお祝いをする程度だと言うことだ。
あの津波は、写真にある鳥居をすっぽりと飲み込んだと言う。 八雲神社はこの鳥居から長い階段を登って海抜約40~50m付近に在る。過去の貞観津波や古からの教えなのでしょうか、この地域の神社は何処もかなり高い位置に存在する。「津波が来たら高いところに逃げろ!神社に逃げろ!」と言う教えには歴史的根拠があると言うことなのだろう。八雲神社は小さな浜の神社にしては立派な神社だと思う。しかし残念ながら向かって右側の石垣が崩れ、片方の狛犬(こまいぬ)も崩れ落ちたらしく、木の根が露出している。浜では養殖業の設備にお金を投じるのが精一杯で神社を修復できるのは何時になるか分からない。神社は村の宝であり、村のシンボルでもあり、精神的な支えでもあるように思う。その為にも水産業の復活を願いたい。そして、早い時期の修復を願いたい。小さい頃はここで皆と遊んだ記憶を思い出す。正月には元朝参りでここで一年の大漁と家内安全を祈願するのであった。
養殖業は他にもホタテ・ホヤ・カキ等も同時に再開している。また、海の恵みであるアワビやウニも辛うじて健在らしい。 しかし、理不尽な風評で水産業も前途多難と言うのが現状だ。地震に怯え、津波に叩きのめされ、そして風評で悩まされると言う被災地は未だ地獄のようだ。だからこそ、「祭り」で 少しでも景気づけ、元気づけ、明るい明日に希望を託すのだと思う。
頑張れ女川!震災や風評に絶対に負けるな!頑張れ兄貴!!

女川・ニューこのリの極上刺身定食

発電所方面の、”ニューこのり”の刺身定食も激ウマでした(´∀`=) 鯨刺付き!
刺身が美味いのは言うまでもないけど、ここの米がやたらと美味い。何しろ少食な私がお代わりしたもんw   「刺身定食 七海(ななみ)」

Blue_BalloonBlue_Balloon ‏@
 

女川・おかせいの海鮮丼

今日の昼は女川・おかせいの海鮮丼。 右が普通盛り1200円、左が大盛り(100円増)。 既に納得の一品なのに、たった100円増で具材とご飯がこんなに…。 「せっかく女川まで来たから腹一杯食わせないとさ」 これを女川魂と呼ばずに何と呼ぶ!
情報提供蒲鉾本舗高政蒲鉾本舗高政 ‏@takamasa_net
  電話0225532739

女川町の竹ノ浦(たけのうら)の「たげな新聞・夏号」

女川町の竹ノ浦(たけのうら)の「たげな新聞・夏号」ついに発行!
今回も期待以上の記事、満載~。
復興は進んでいないと耳にしますが「たげなのすたずは頑張ってっと!
銀鮭も水揚げ開始。お祭りと絆、深い歴史が刻まれた「たげな新聞」をよろしくお願いします。
情報提供:suzuki masakosuzuki masako        オリジナル版.pdf
No.1
No.2


[編集後記]:養殖業(銀鮭・ホタテ等々)の再開を始め、年中行事の獅子舞やお祭りの復活など竹浦の皆さんの結束力には脱帽です。他の浜の皆さんにも力強い影響を与えていると思います。
竹浦に石碑があるはとは知りませんでした。

それいけ!まみおの「鎌倉で女川!石巻!!」

東北物産展
【日時】:1/15(土)~6/23(土) 毎月第2・第4土曜日 10時~16時
※当初、6/23までの予定でしたが、12月まで延期致します。
(※私が参加する予定なのは、5/12、5/26、6/23です。)
【会場】:鎌倉生涯学習センター(キララ鎌倉)
【主催】:東北ココロむすぶプロジェクトin鎌倉実行委員会
--------------
わたくしまみおは以下の商品を持って参加します♪
・おながわ布ぞうりほかイーガーfamily手作り小物(女川)
リアスの詩(さんまのこぶ巻/女川)
希望のかつおぶし、感謝のだし粉(石巻)
だしつゆと甘い酢のセット(石巻)
・あぶら麩丼セット(石巻)
・手作りアロマスプレー、化粧水など
*商品については、変動もありえます。どうしてもという方はコメントにてお問い合わせください。
鎌倉散策の途中に、ちょっと覗いてみてくださいね(^^)/


大きな地図で見る

女川町指ケ浜の「ど根性さくら」


携帯用

この桜は2011年3月11日、東日本大震災の大津波に耐え抜いた「ど根性さくら」です。津波で亡くなった叔母が植えた桜で、田舎に帰るといつも自慢気に話していました。津波直後に帰った時には網などが覆い被さって、見るも無残な状態でした。この桜が位置するところは海抜5m程度で、津波到達点がこの桜より遥かに高かったことは想像に容易い。津波に耐え抜いて健気に咲く桜はまさに「ど根性さくら」です。叔母の名前は”さくよ”といい、まるでこの桜を残して逝ったかのようです。合掌!
ここは、宮城県牡鹿郡女川町指ケ浜と言う女川町でも最北端に位置し、銀鮭・ホタテ・牡蠣・ホヤ・鮑・ウニ・海鼠等々で生計を成す小さな漁師町です。
写真、左端(東方面)には出島が少し写っています。その近くには津波の報道で有名になった笠貝があり、また江ノ島・平島・足島・二股島そして金華山など三陸・牡鹿半島の豊潤な漁場でもあります。
追記:この桜の近くには”ハマナス”と言うとても貴重な花が自生していた。
浜を訪ねた写真愛好家が見つけたらしく、撮影して頂いた写真を父は宝物のように大事にしていた。またこの浜に自生することを祈りたい。
訂正:ハマナスではなく”ハマヒルガオ”の記憶違いでした。
津波直後の桜の状態
※写真は実家の兄に携帯で撮影して頂いた。

それいけ!まみおの『岐阜で女川!石巻!!』


平成24年5月19日(土)11:00~15:00
JR岐阜駅前ゆめ広場 『食と動物の感謝祭2012!!』

女川や石巻のおいしい物をいっぱい持って行きますよぉ~(^^)/
何を売るかは、またご報告いたします
岐阜のみなさま、遊び来てね♫
印刷用オリジナル版.pdf
♪私もお手伝いしに行きます♪ついでに岐阜観光してきます♪岐阜のおススメスポットも募集中です。 byまみお

4月28日★石巻・女川横断ライブのお知らせ★

2012年4月28日(*雨天時中止あり)
10時~12時 @石巻市公民館湊分館

14時~      @マリンパル、女川コンテナ村
(二箇所同時開催、メンバー入れ替わりあり)
~♪♪ 80年代のポップス・歌謡曲などなど、お届けします!♪♪~
出演者:希喜彩再、SEiZI晴志、平野壮、さとうみかほ
協力:石巻市復興を考える市民の会・マリンパル女川・女川コンテナ村・まみおの会石巻支部、みなさま
印刷用オリジナル版.pdf
(フライヤーより抜粋)
(マミオ、行けないんですけどぉ~;;)

「震災後に出会った女川関連の本たち」

震災後に出版された「女川関連書籍を誰かまとめてくれんかな~」と言うつぶやきを
聞き、私なりにまとめてみた。お薦めもあり、そうでないのもある。興味のある方はご
覧になって下さい。結構、あります。
記事suzuki masako@DAIMONJIMATAKO
[nggallery id=46]

☆「仙台闊歩」2011.5 復興への50人の言葉 ㈱プレスアート 680円
「東日本大震災2011.3.11「あの日」のこと」 高橋邦典 ポプラ社 1600円
☆「週間朝日 2011/4/1」吉岡忍が歩く 甦れ「サンマの町」宮城・女川町 350円
「巨大津波が襲った 3.11大震災~発生から10日間の記録~河北新報社  1000円
「大津波襲来 石巻地方の記録」 三陸河北新報社  800円
「地図で読む 東日本大震災」成美堂出版 1000円
毎日ムック 明治・大正・昭和 巨大津波の記録 毎日新聞社 880円
☆「TUNAMI3.11~東日本大震災記録写真集」 第三書館  2800円
「希望 命のメッセージ 鎌田實 佐藤真紀」 東京書籍 1400円
「遺体 震災、津波の果てに」石井光太・著 新潮社 1500円
「河北新報のいちばん長い日~震災下の地元紙」 文藝春秋 1333円
☆「海に沈んだ故郷~北上川河口を襲った巨大津波 避難者の心・科学者の目」
掘込光子、掘込智之 連合出版  1800円
「被災地を歩きながら考えたこと」 五十嵐太郎 みすず書房 2400円
「6枚の壁新聞」石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録
石巻日日新聞社編 角川マガジンズ 933円
「まさき君のピアノ」 橋本安代・著 ブックマン社 1333円
「女川 佐々木写真館」 鈴木麻弓・著    一葉社 2100円
「まげねっちゃ」 まげねっちゃプロジェクト・編 青志社 1200円
☆「大津波到来・東日本大震災ふるさと石巻の記憶 空撮3.11その前・その後」
三陸河北新報社  1000円
「復刊アサヒグラフ」全記録東北が泣いた一年 朝日新聞出版 500円
「イエスの言葉」ケセン語訳 山浦玄嗣  文春文庫 819円
「三陸海岸大津波」 吉村昭 文春文庫 460円
「文藝春秋増刊「つなみ 被災地のこども80人の作文集」 2011年 8月号  800円
「春を恨んだりはしない – 震災をめぐって考えたこと 」池澤夏樹 中央公論新社 1260円
絵本 「つなみ」 田畑ヨシ・作 産経新聞出版 1575円
「みあげればがれきの上にこいのぼり…」山中勉 編著 出版:日本宇宙フォーラム 1575円
東日本大震災発生 若松美穂さん緊急寄稿「ふるさとが津波にのまれた」 扶桑社 500円
「東日本大震災復興への道 震災復興・原発震災提言シリーズ 神戸からの提言 」塩崎賢明 編他 かもがわ出版 1890円
☆ フリスビー犬、被災地をゆく 石川 梵 1470円(※この本は管理人により別途追加)